2010年02月06日

<長崎平和研究所>最後の総会 被爆者の高齢化で存続断念(毎日新聞)

 長崎市の平和運動の中心だった鎌田定夫・長崎総合科学大教授(02年に72歳で死去)が私財を投じて97年に設立した民間研究機関「長崎平和研究所」が30日、長崎市内で総会を開き、今年度での閉所を決めた。最後の総会となったが、オバマ米大統領の登場による核兵器廃絶の機運の高まりを反映し、参加した約80人は熱心に議論。鎌田教授の妻信子さん(77)は「とてもうれしい。新しい芽に期待します」と語った。

 鎌田教授は「欧米の核戦略に対抗できる平和戦略をつくらなければ」と、山で遭難死した次男の保険金など私財5000万円を投じて研究所を設立した。

 死後は信子さんが運営し、機関誌発行など平和学研究を続けてきた。しかし被爆者の高齢化で、約400人いた賛助会員は半減。信子さんも体調を崩し、存続を断念した。

 最終総会では、研究所顧問の土山秀夫・元長崎大学長(84)が記念講演し「被爆者の証言で感性に訴えることと、論理で訴えることは車の両輪」と強調。長崎市に研究機関継承を働き掛けていることを明かし、「不死鳥のように研究所がよみがえることを期待したい」と結んだ。

 信子さんは「平和研究は、地の塩。私もできることを続けたい」と語った。最後となる28号目の機関誌は3月に発行予定。【錦織祐一】

【関連ニュース】
元長崎市長:本島等さん、野中元議員と反戦対談
20年五輪:長崎市、広島市との共催断念
二重被爆者:山口さん、死の直前キャメロン監督らにバトン
記者の目:二重被爆者・山口彊さんの死=阿部弘賢
山口彊さん死去:二重被爆者93歳 非核・平和訴え

木嶋容疑者「すりばち」から睡眠導入剤(スポーツ報知)
介護疲れで親殺害、懲役4年=減刑求める嘆願書を「評価」−岐阜地裁(時事通信)
41歳清水名人、17歳里見倉敷藤花に「関根名人記念館」を案内…31日・女流名人位戦第2局(スポーツ報知)
亀井節炸裂「うるさいから言った」 予算委紛糾について(産経新聞)
ブラジル人が乗車か=事故車両に携帯−名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
posted by がじゅまるこ at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公明、太田前代表衆院選へ(産経新聞)

 公明党は2日、夏の参院選比例代表での擁立を決定していた太田昭宏前代表(64)を次期衆院選に立候補させる方針を決めた。

 太田氏は昨年8月の衆院選で東京12区から立候補したが、民主党の青木愛衆院議員に敗れ落選。昨年12月に、「任期中に66歳を超える場合は公認しない」という党の定年制の例外扱いとして参院選比例代表として昨年12月に公認していた。

【関連記事】
参院比例「個人名ではなく党名で」 公明党が新方針
公明、参院選挙区の現職を比例に鞍替え
公明代表に山口氏 新体制が始動
公明党三役人事が内定 代表・山口氏、幹事長は井上氏、北側氏は来年参院選に出馬へ
公明党の太田代表、衆院選の敗北を受け代表辞任

明石歩道橋事故 元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決(毎日新聞)
追及1年、巨額資金暴く=「本丸」到達せず−東京地検・小沢氏不起訴(時事通信)
<人口移動調査>名古屋圏は転出超過に…09年(毎日新聞)
<首都圏連続不審死>「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)
「国と地方の協議機関」で政府が骨子案提示(産経新聞)
posted by がじゅまるこ at 06:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。