2010年03月16日

プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)

 大鵬薬品工業は3月12日、H2受容体拮抗薬プロテカジン錠5、同10について、逆流性食道炎の効能・効果を取得したと発表した。

 今回の承認は、プラセボと比較したフェーズ3試験の結果に基づく。投与8週後の内視鏡治癒率は、プラセボ投与群の9.7%に対し、プロテカジン投与群で71.0%だった。投与2週後の日中の胸やけ症状の回数変化率は、プラセボ群の▲4.2%に対し、プロテカジン投与群で▲40.0%と、いずれも有意差があった。

 プロテカジンは、2000年1月、▽胃潰瘍▽十二指腸潰瘍▽吻合部潰瘍▽急性胃炎▽慢性胃炎の急性増悪期▽麻酔前投薬―の適応で承認を取得。09年1-12月の売り上げは75億円(薬価ベース)。


【関連記事】
新ルール適用は7成分16品目―来年度薬価改定
タケプロンに効能追加申請―武田薬品
酸関連疾患治療薬の国内フェーズ2試験を開始―武田薬品
パリエットの効能・効果の追加を申請―エーザイ
過活動膀胱治療薬の口腔内崩壊錠を承認申請―杏林製薬など

<雪崩>巻き込まれて76歳男性不明 山形の熊野岳(毎日新聞)
地方公務員の8割超が将来不安=「老後の生活資金」などで−財団調査(時事通信)
谷垣、与謝野会談を提案=石破氏(時事通信)
能古島切断遺体 不明の32歳会社員と判明(毎日新聞)
リュックの中身は「5年前に死んだ子供の遺体」 建造物侵入容疑で逮捕の男が供述(産経新聞)
posted by がじゅまるこ at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

再開へ、準備進む「もんじゅ」=原子力機構が内部を公開−福井(時事通信)

 日本原子力研究開発機構は11日、年度内の運転再開を目指して作業中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の内部を報道関係者に公開した。
 1995年のナトリウム漏れ事故以来運転停止中のもんじゅは今年2月、国から運転再開の了承を受け、現在福井県と敦賀市が再開の可否を検討している。
 原子力機構は、再開に向けた作業が続く原子炉周辺や、ナトリウム漏えい事故が起きた2次冷却系配管室を公開。配管室では、担当者が事故後に設置されたナトリウムによる火災を抑える窒素ガス注入設備などを紹介し、安全対策を強調した。 

【関連ニュース】
もんじゅ、耐震安全性も「確保」=報告書ほぼまとまる
原発利用を明記=温暖化対策法案に
国内2例目のプルサーマル開始=四国電力伊方原発で
政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ
「排出口詰まり逆流」=放射性廃液漏れの調査結果

北に不正輸出仲介、会社社長を書類送検 外為法違反容疑(産経新聞)
板橋の4200万円強奪 新たに男2人逮捕(産経新聞)
みんなの党 じわじわと人気…支持率「野党第2党」(毎日新聞)
<RSウイルス感染症>終息気配なし 乳幼児持つ親注意を(毎日新聞)
ダンス 世界のトップが競演、観客うっとり 東京体育館で(毎日新聞)
posted by がじゅまるこ at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

統一教会信者か、女2人逮捕=印鑑購入迫った容疑−大分県警(時事通信)

 印鑑の購入を執拗(しつよう)に迫ったとして、大分県警は4日、特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で、元印鑑販売会社従業員でアクセサリー販売業梶谷利恵子(57)=岡山県倉敷市酒津=とパート従業員工藤淑江(48)=大分市下郡南=両容疑者を逮捕した。県警によると、いずれも「そういう売り方はしていない」などと容疑を否認しているという。
 2人は世界基督教統一神霊協会(統一教会)の信者だと話しているといい、県警は今年1月、自宅とともに統一教会の大分教会などを家宅捜索していた。
 2人の逮捕容疑は2008年8月、大分市の無職女性宅を訪問するなどして、「奥さんの名前の字画はよくありません。大凶ですね」などと言って、印鑑の売買契約を迫った疑い。
 女性が購入した印鑑は計2セット(6本)で約50万円だったという。
 統一教会広報局の話 営利事業を一切しておらず、会社とは関係がない。信者が個人的な活動で違法性を問われることがないよう指導を徹底していく。 

【関連ニュース】
女性下着会社に業務停止命令=会員が虚偽内容で勧誘
DS関連業者に初の行政処分=2社に業務停止命令
就職不安に付け込み不当契約=英会話会社に業務停止命令
マルチ3社、90億円所得隠し=ネット上の仮想空間ビジネス
営業委託先に「実体なし」=携帯充電器マルチ商法

あのペンギン泥棒、カピバラとリスザルもカバンに(読売新聞)
<日本航空>女子バスケ「JALラビッツ」来季限りで廃部(毎日新聞)
女子学生にセクハラ、米国籍教授を諭旨退職(読売新聞)
5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)
自殺対策でキャンペーン=福島担当相(時事通信)
posted by がじゅまるこ at 04:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。