2010年03月02日

オットー・デンプヴォルフ

オットー・デンプヴォルフオットー・デンプヴォルフ(Otto Dempwolff:1871年5月25日ピラウ(現ロシア・カリーニングラード州バルチースク) - 1938年11月27日ハンブルク)はドイツの言語学者・人類学者。アウストロネシア語族の研究で有名。東南アジア、マダガスカルからオセアニアの島嶼部の諸言語を初めて包括的に比較研究し、アウストロネシア(マレー・ポリネシア)諸語が1つの語族に属することを明らかにし、その祖語の再構を試みた。現在も彼の成果を基礎にして研究が行われている。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95」より作成カテゴリ: ドイツの言語学者 | 1871年生 | 1938年没

釧路などで震度2=M6.9の深い地震(時事通信)
幻想的に「節分万燈籠」 奈良・春日大社(産経新聞)
<浄土真宗本願寺派>「自殺防止センター」を設立(毎日新聞)
<千葉大生殺害>逮捕もっと早ければ… 知人ら悔しさ訴え(毎日新聞)
子ども手当「23年度は満額」 首相が強調(産経新聞)
posted by がじゅまるこ at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。